イカせるための正しいクリトリスへのアプローチの仕方!あなたが知らない玩具や指でのイカせ方

クリトリスは、女性が最も感じやすい性感帯のひとつです。ここをうまく攻めることができれば、女の子をイカせやすくなります。しかし、クリトリスの関する正しい知識がないと、誤った方法で刺激して女性につらい思いをさせてしまうかもしれません。

クリトリスは男性のペニスによく似た器官なので、自分の亀頭を刺激する要領で行えば基本的には問題ありません。その一方で、女性の性器は男性のものよりずっとデリケートで感じやすいため、丁寧に扱うことを心掛ける必要があります。

クリトリスを攻める方法には様々なものがあり、うまく組み合わせることで女性をイカせることができるはずです。今回は、女性をクリトリスでイカせる方法や、いろいろなクリ攻めのテクニックについて、詳しくご紹介していきます。

クリトリスで女性をイカせたい?正しい方法って?

クリトリスは、女性の性器にある器官で「陰核(いんかく)」とも呼ばれています。最も有名な性感帯(性的な刺激を感じやすい部分)のひとつなので、ぜひここで女の子をイカせてみたいと思う男性は多いのではないでしょうか。

しかし、クリトリスは繊細な性感帯ですので、闇雲に触っても女性は気持ちよくなりません。女性の性器は、ペニスよりも丁寧に扱わないと痛みを感じやすいからです。まずは、クリトリスの基本的な知識をご紹介します。

クリトリスは快楽を感じるためだけの器官

クリトリス(陰核)は、女性の性器に備わっている小さな突起のような部分です。本来、クリトリスは膣口(ペニスを挿入する部分)周辺の広い部分のことを指すのですが、一般的にクリトリスというと「陰核亀頭(いんかくきとう)」のことを指します。

陰核亀頭という名のとおり、クリトリスは男性の亀頭のような器官です。大きさは5~7ミリほどと小さいですが、刺激されると性的な興奮を感じます。さらに、男性のペニスと同じように充血して膨張し、勃起するように硬くなるのです。

このように、クリトリスは陰茎と似た性質を持ちます。しかし、ペニスには泌尿器としての機能がある一方で、クリトリスには全くありません。言い換えれば、クリトリス(陰核亀頭)は「性的な快楽を感じるためだけの器官」だということなのです。

陰核も勃起してオーガズムに達する!

女性のクリトリスは男性のペニスと同様に、性的な刺激によって膨張して硬くなります。さらに興奮が続くと、オーガズム(性的興奮の絶頂)に達します。感度はペニスより陰核の方が高いですが、オーガズムの快感は男性がイクときとよく似ているようです。

また、クリトリスは亀頭部分が包皮で覆われている、いわゆる包茎の状態にあります。皮を向いた陰核亀頭はとてもデリケートですので、優しく扱う必要があります。女性の性器を扱う際に極めて重要になりますので、これらのポイントはぜひ覚えておきたいところです。

クリトリスへの扱いの前に

クリトリスはペニスと非常によく似た点があります。しかし、男性のペニスとは違って、シコシコ刺激したからといって気持ちよくなれるわけではありません。ここでは、クリトリスを扱う前に知っておくべき心構えを確認しておきましょう。

女の子を「クリイキ(クリトリスでオーガズムを迎えさせること)」させたことがない、という男性は少なくありません。それは、多くの場合でクリトリスの触り方が間違っているからです。例えば、AVのように膣に指を入れて激しくグチュグチュしても、女性は全く気持ちよくないばかりか痛みを感じてしまいます。

うまく攻めることさえできれば、女の子をイカせることは決して難しくありません。正しいクリトリスの扱い方を知るために、まずはポルノの知識を完全に捨てましょう。女性を感じやすくさせるためには、事前の準備がとても大切なのです。

事前に女性の興奮を高めておこう

クリトリスは性的興奮で勃起しますが、大きくなるとさらに感度が高まることがポイントです。つまり、勃起させることさえできれば、後は相乗効果で女の子がどんどん感じてくれます。そのためには、事前の愛撫で女性の興奮を高めておくことが大切です。

ペニスと同じでクリトリスの勃起にもスムーズな血流が必要です。愛撫することによって体温が高まり、血行が良くなります。乳首や首筋を始めとした女性の性感帯を丁寧に刺激して、「クリ攻め」への準備を整えておきましょう。

クリトリスの攻め方

クリトリスは闇雲に攻めても、女性は気持ちよくないどころか痛みを感じてしまいます。女性をクリイキさせるためには、正しい手順や方法が大切です。次のような手順が、クリトリスで女の子をイカせやすい攻め方になります。

①愛撫で女性をしっかり濡らしておく
②包皮の上から優しく触れてあげる
③一定の刺激をリズム良く続ける

全ての段階が大切なのですが、特に「事前に女性を濡らしておく」ことがカギになります。早くエッチしたいあまり、多くの男性がこのポイントを疎かにしてしまうようです。女性の満足度を高めるために、一つひとつの手順でテクニックを高めていきましょう。

ポイント①いきなり触るな

クリトリスをいきなり触ってはいけません。なぜなら、陰核は非常にデリケートにできていて、準備が整っていないと痛みを感じてしまうからです。さらに、女性の肉体的・精神的な興奮が高まっていないと、クリトリスはあまり感じません。

男性は性的な興奮が高まることで、陰茎が自然と勃起していきます。逆に、ペニスに触れさえすれば、自然と性的な興奮を高めることもできるでしょう。つまり、男性は肉体への刺激で性欲にスイッチを入れることができるというわけです。

しかし、女性の場合は先に精神的な興奮が高まっていないと、体のスイッチが入りません。だからこそ、セックスでは前戯が大切だといわれているのです。たとえ唾液でクリトリスを濡らしても、女性の準備が整っていない以上はほとんど効果がありません。

他の部分への刺激からクリトリスへ向かう

クリトリスへ触れる前に、女性の基本的な性感帯を刺激しておきます。性感帯は触られると感じやすい部分で、乳首や首筋、耳や背中など様々な部分が気持ちいいポイントです。触れるか触れないかの軽い「フェザータッチ」やキスを交えて、優しく愛撫してあげましょう。

女性が感じてきたら、少しずつクリトリスへの刺激を始めます。しかし、すぐに生で触れるのではなく、まずは下着の上から撫でてみましょう。このとき、正確なクリトリスの位置を触る必要はありません。雰囲気づくりのために、性器全体をまんべんなく愛撫するだけで構わないのです。

ポイント②乾いた指はNG

下着を脱いだ後はいよいよ手でクリトリスを刺激するのですが、乾いた指で触れないようにしましょう。ペニスと同じように、女性の性器も乾いた指で触れると痛い場合があり、ヌルヌルと濡れている方が感じやすいからです。

そこで、指に唾液や膣から出てくる「愛液(膣分泌液)」をたっぷり塗ってから、性器を愛撫してあげるようにします。女性の性器は濡れている方が感じやすいのです。感じやすくなるとさらに愛液が出てきますので、相乗効果でますます気持ちよくなってくれます。

しかし、そもそもクリトリスはどこにあるのか、分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、次のような理由からクリトリスの位置は分かりづらいのです。セックス本番時に困らないように、あからじめ確認しておきましょう。

・周囲が陰毛で包まれている
・陰核は包皮で包まれている
・女性によって大きさや位置が微妙に違う
・セックスのときは部屋が暗いことが多い

クリトリスは性器の割れ目の上にある

クリトリスの場所は意外と分かりづらく、クリ攻め初心者の男性が本番で困ってしまうことは少なくありません。実践する前に必ず陰核の位置を覚えておきましょう。重要なポイントは「膣の割れ目の上側にある」ということです。

詳しいことは最後にご紹介しますが、膣の構造は複雑で様々な部分から構成されています。男性が特に注目する膣の入り口の周囲には、唇の形のようなひだである「小陰唇(しょういんしん)」が広がっています。クリトリスは、その小陰唇の上側にあるのです。

ポイント③包皮の上から

冒頭でご紹介しましたように、クリトリスは陰核亀頭とも呼ばれるように、男性のペニスとよく似た構造を持ちます。そのため、クリトリスは基本的に包皮に包まれた「包茎」の状態にあるのです。仮性包茎に近いため、性的興奮が高まると自然に皮が剥けます。

クリトリスを攻めるとき、この包皮を指で剥くのはNGです。最初は包皮の上から優しく触れてあげることを心掛けましょう。実は、クリトリスへの刺激は触れるか触れないかのフェザータッチで十分で、イメージとしてはスマホの画面をスクロールさせるときくらいの力です。

事前に女性の興奮を上手に高めることができていれば、クリトリスへの刺激を始めるとすぐに勃起していくはずです。見た目にも明らかに分かるほど大きくなりますので、女性の興奮度合いを示すバロメーターとして参考にしましょう。

興奮が高まると自然と包皮が剥ける

クリ攻めに慣れるまで、基本的に包皮は指で剥かない方がいいでしょう。アダルトなマンガやビデオにありがちな、親指で皮をぐっとめくるようなやり方では、女性に苦痛を与えてしまいます。皮の上からの刺激で興奮が高まると、自然と剥けて陰核が露出するはずです。

なかなか皮が剥けなかったり、女性の反応がイマイチだったりする場合でも、決して焦る必要はありません。最初からすべてが上手くいくわけではないのです。一度クリトリスから離れて、再び乳首など他の性感帯やキスを行ってから、またチャレンジしてみましょう。

ポイント④一定の強さで刺激し続ける

ペニスと同じように、クリトリスも一度勃起して亀頭部分が露出すれば、後は刺激を与え続ければオーガズムが近づいてきます。しかし、濡れてきたからといってすぐに止めたり、早くオーガズムに到達させようとして指を激しく動かしたりすると、台無しになってしまうので注意が必要です。

クリイキさせるために重要なポイントは、「一定のリズムで優しく愛撫し続ける」ことです。女性が感じる男性のセックスへの不満では、クリトリスの愛撫方法がよく挙げられます。特に、次の2点は女性の満足度に大きな影響を与えるようです。

・愛撫する強さ
・愛撫する時間

ポイント④一定の強さで刺激し続ける

繰り返しになりますが、女性の性器はデリケートであることを意識しましょう。ポルノのように激しくガシガシやっても、女性は苦痛しか感じません。ペニスも手コキがあまり激しすぎると、痛くて萎えてしまうはずです。逆に、優しい手コキでもリズムが良ければ気持ちよくなれます。

クリトリスへの刺激は、いろいろ変えるよりも一定のものを続ける方が効果も高いようです。途中でリズムが大きく変わると、女性が我に返ってオーガズムが後退してしまいます。また、膣が濡れてきたからといって止めるのではなく、次のいずれかの兆候が見られるまで続けてみましょう。

・体が熱くなる
・体に力を入れる
・体が痙攣する
・顔が赤くなる
・乳首が硬くなる
・呼吸が荒くなる
・喘ぎ声が高くなる

以上の状態は、女性のオーガズムに達する直前によく見られるものです。ちなみに、いわゆる女性の「潮吹き(射精のように膣から液体が噴出すること)」は、相当の条件が揃わないと発生しないので、上記の兆候をメインに目指すようにしましょう。

指でクリ攻め

クリトリスの基本的な攻め方と、女性をクリイキさせるための心構えをご紹介しました。ここからは、実際にセックスの前戯で女性をイカせるための、実践的なテクニックについて見ていきましょう。指でのクリ攻めは、次のポイントが大切になります。

①指の腹で包皮の上から触る
②包皮を剥いてダイレクトに刺激する
③爪で軽くコリコリしたり弾いたりする

LEVEL1:指の腹で包皮の上から触る

女性の下着を脱がせた後は、まず指の腹で包皮の上から触ります。焦らされるのが好きな女性の場合は、ギリギリ触れるくらいのソフトタッチで、クリトリスの周囲から攻めるとより効果的です。いつ本体に触れてくれるのかという感覚が、より強い快感に結びつきます。

指の先で触れると爪が当たることがありますので、まずは指の腹の部分で触れるようにします。このとき、中指や人差し指で「円を描くようにゆっくり」愛撫するのがコツです。膣から出る愛液や唾液で、あらかじめ濡らしておくと、摩擦を軽減して気持ちよくしやすくなります。

手を清潔にして爪も切っておく

クリトリスに限らず、女性器はデリケートなものです。指でのクリ攻めを実践するときは、事前に爪を短く切っておいて、手を綺麗に洗って清潔にしておきましょう。意外と見落としやすいポイントですが、女性の身体を傷つけずに扱うために大切なことです。

爪が伸びていると、陰核に触れたときに傷がついてしまうことがあります。性器が傷つくと排尿時に痛みを感じたり、雑菌やウイルスが侵入して感染症になったりする恐れがあるのです。爪が当たらないようにと注意すると集中できなくなるので、事前にきちんと短く切っておきましょう。

また、不潔な手で触るのも感染症の原因になりますので、エッチ前に手を綺麗にしておくことも欠かせません。例えば、セックスの前にシャワーを浴びるようにすると、衛生面でもバッチリです。これらの点を意識すると、余計な心配をすることなくクリトリスに集中できるようになります。

LEVEL2:包皮を剥いてダイレクトに指の腹で触る

先ほどもご紹介しましたように、平常時のクリトリスは包茎のように皮をかぶった状態ですが、勃起すると自然に皮が剥けます。露出した陰核はこれまで以上に敏感で感じやすいので、ダイレクトに刺激すると女性の快感もさらに高まるはずです。

ところが、クリトリスを愛撫しても女性があまり感じず、皮が剥けないということがあります。こんなとき、無闇に指の力を強めたり直接皮を剥こうとしたりしてはいけません。陰核を露出させたい場合は、次の手順で優しく行いましょう。

①陰核の両側面に人差し指と中指を置く
②置いた指をピースするように広げる
③広げた指をお腹の方へ軽く引く

露出したクリトリスはさらに高感度

上記の手順を実践すると、彼女に痛みを感じさせずにクリトリスを露出させることが可能です。クリトリスの皮を剥くことができたら、指の腹でダイレクトに触れます。露出した陰核は敏感で濡れやすく、濡れるとさらに感じやすくなるでしょう。

クリトリスを刺激する方法は、大きく分けて上下方向・左右方向・円運動の3種類で行うことができます。いずれの場合も、優しくリズミカルに行うことが大切です。しばらく生で触れ続けると、少しずつオーガズムが近づいてきます。

ただし、どうしても皮を剥けない場合は、陰核が「真性包茎」のように剥けにくい体質なのかもしれません。無理に剥こうとすると痛みや怪我の原因になりますので、露出させるのは諦めるしかありません。皮を被っていても気持ちよくすることはできますので、じっくり愛撫し続けましょう。

LEVEL3:爪で軽くコリコリする

クリトリスを指で攻める方法の中でも、爪でコリコリしてみるのはとても効果的です。ただし、単に爪を押し当てるようなやり方や、愛液が十分に出ていないときに行うと、ただ痛いだけになります。これまでのステップで、陰核が十分に勃起して硬くなっていることが重要です。

爪で軽くコリコリするというのは、爪を当てて小刻みに揺らすことでもあります。クリトリスは振動に対して敏感ですので、ブルブルと震わせるのは非常に効果的です。あまり大きく揺するのではなく、1~2ミリくらいの幅を意識してみましょう。

また、爪がクリトリスに直接当たりますので、最大限に刺激を高めることができるのもポイントです。ただし、陰核の状態によっては痛みを感じることもあるため、事前にしっかり勃起させて濡らしたうえで、女の子の様子をチェックするなどの気遣いが必要になります。

肩から指先にかけての集中が大切

クリトリスを爪でバイブレーションさせるときは、指の動かし方が大切になります。肩から指先にかけてのラインに神経を集中させて、腕全体を小刻みに震わせるのがコツです。こうすると、指だけで動かすよりもクリトリスの根本まで振動が伝わりやすくなります。

この動きをマスターすれば、バイブやローターなどのアダルトグッズがなくても、女性を絶頂に導きやすくなります。ただし、あくまで優しく行うことが大切ですので、振動に集中するあまり力が強くなってしまわないように注意しましょう。

舌でクリ攻め

クリトリスを攻めるときは、指だけではなく舌も積極的に使っていきましょう。この場合でも、やはりいきなりクリトリスを攻め始めるのではなく、他の部分から始めることが大切です。次の順番を意識すると、クリトリスを効果的に攻めてイカせやすくなります。

①大陰唇(だいいんしん)
②小陰唇(しょういんしん)
③膣口(ちつこう)
④クリトリス

このように、クリトリス本体は最後に攻めるべきだと言うことが分かります。セックスで大切なことは、「いかに上手く焦らすか」です。女の子にフェラチオをしてもらうときも、いきなり亀頭を舐められるよりも周囲から攻められる方が、最後の快感もより強くなります。

クリトリスの周囲から舐めていこう

まずは、女性器の外側に広がっている「大陰唇」から舐め始めます。この部分自体はそれほど感じやすいわけではありませんが、男性の睾丸への刺激と同じような、ゾクゾクとした感覚を女性に与えることができるのです。

次は、女性の性器特有のビラビラした部分である「小陰唇」を攻めます。ここはクリトリスと膣の双方と密接な関係がありますので、十分に愛撫することで膣を柔らかくほぐしたり、クリトリスの充血を促進させたりするなどの効果が期待できます。

膣口への刺激は、その後の挿入時に女性が快感を得るために大切です。クリトリスに近い部分でもあるため、焦らし効果で女性の感度を高めることができます。これらの部分を十分に刺激できてから、クリトリスへの舌舐めを始めましょう。

ポイントとしては「舌先で優しく」舐め始めることです。動きの強弱を付けたり、舌を上下左右に動かしたりしましょう。さらに、クリトリスに触れるギリギリの加減で舐めたり、口で軽く吸ってみたりするのも、意外な刺激を与えられるのでおすすめです。

電マでクリ攻め

指や舌でのクリ攻めに慣れてきたら、大人のおもちゃ(アダルトグッズ)も使って刺激してあげるのも効果的です。大人のおもちゃにはさまざまな物がありますが、クリ攻めでは「電マ」や「ローター」が特に有名で、女性をよりイカせやすくなります。

「電マ」とは電動マッサージ器のことで、本来は肩や首などの凝りを解消するための道具です。しかし、強い振動で強烈な刺激を得ることができるため、セックスやオナニーのときに使われることが増えています。次のように電マを上手く使えば、女の子をクリイキさせることが可能です。

①周辺部分から愛撫してリラックスさせる
②弱モードで下着の上から軽く当てる
③コンドームを被せてからクリトリス周囲に当てる
④クリトリス本体に当てて徐々に刺激を強める

クリトリスの周囲から少しずつ攻める

アダルトグッズを使う場合でも、いきなりクリトリス本体から攻めるのではなく、大陰唇など周辺部分から始めます。電マは非常に刺激が強いので、弱モードにして下着の上から当てるのもポイントです。また、衛生面での注意も必要です。

クリトリスはデリケートですので、可能な限りコンドームを被せて使用しましょう。接地面が広い電マは清潔に保つのが難しいため、雑菌が繁殖しがちだからです。そのために、ヘッド部分が小さめでコードレスタイプのものが、セックス用の電マとして選ぶことをおすすめします。

ローターでクリ攻め

電マはあまりに刺激が強すぎるため、初心者の方には使いこなすのが困難です。また、女性の方で大げさな電マを嫌がることも少なくありません。そんなときは、デザインが可愛らしくて刺激も控えめな「ローター」がおすすめです。

ローターは、卵形の先端部分が振動することで刺激を得られるグッズで、クリ攻めに使われることが多いです。使い方は先ほどの電マとほとんど同じですが、小型ですので膣内に挿入することもできます。次のような方法で、ローターでのクリ攻めを行ってみましょう。

①周辺部分や下着の上から当てる
②興奮が高まってきたら直接当ててみる
③徐々に刺激を強めていってクリイキを目指す
④必要に応じてコンドームを付けて中に入れてみる

ローターはクリ攻めに最適!

ローターは動かし方によって多彩な快感を与えることができます。クリトリスから小陰唇まで上下に動かしたり、大きく円運動をしてみたり、女性が最も感じやすいやり方で刺激してみましょう。中に挿入することも可能ですが、安全のためコンドームを付けることをおすすめします。

また、ローターのコード部分を持って振り子のようにブラブラさせて、ランダムに当ててみるのも効果的です。予測不可能で強烈な刺激を与えられますので、クリイキもすぐそこに迫ってきます。ただし、強く当たって痛みを感じないように、優しく振ることが大切です。

クリトリスにローションを

クリトリスを愛撫したり刺激したりするときは、必ず膣が濡れている必要があります。乾いているときに触れると、痛みを感じてしまうからです。しかし、女性が濡れるまでには時間が掛かることもあり、じれったさを感じることもあるかもしれません。

そんなときは性器に「ローション(潤滑油)」を塗ってみましょう。オナニーをするときにペニスに塗るように、女性の性器にもたっぷり塗ってあげると、感度が飛躍的に高まります。感じやすくなった状態で刺激すると、さらに濡れやすくなるという相乗効果が期待できるのでおすすめです。

また、ローションは愛液や唾液とは違って乾きにくいため、一度たっぷり塗っておけば後は気にせず前戯に集中できます。指との摩擦が減るため、刺激を強くしても痛みを感じにくくなり、より快感を高めやすくなることもポイントです。

舐められるローションでさらに楽しもう!

ローションを付けることによるデメリットとして、性器を舐めづらくなることが挙げられます。ローションは少し舐めても身体に害はありませんが、化学物質で作られているため、舌での愛撫にどうしても抵抗感が出るかもしれません。

そんな場合は、舐められるタイプもしくは味付きのローションを活用してみましょう。こういった製品は口に含むことを前提としているため、積極的に舐め回しても健康被害の心配はありません。お互いの性器にローションを塗って舐め合うと、さらに興奮が高まります。

クリトリスに媚薬を塗る

クリ攻めで女性の快感をさらに高めてイカせるなら、媚薬を塗ってみるのもひとつの方法です。媚薬にはいくつかの種類がありますが、クリトリスを攻めるときに使うのは、「クリームタイプ」もしくは「ジェルタイプ」のものになります。

こういった媚薬をクリトリスに直接塗るだけで、女性はジンジンと熱くなるような快感を得られることもあるようです。ただし、媚薬の中には効果が全くないどころか、身体に悪影響があるものもあるので注意が必要です。媚薬を使う際は、安心できるメーカーの製品を選ぶようにしましょう。

彼女にバレないように塗ってあげよう

媚薬とアダルトグッズを組み合わせると、クリ攻めの効果も絶大なものになります。しかし、媚薬を使用するときは、女性に分からないようにこっそり塗ってあげる方が良いでしょう。媚薬を塗られていることが女性に分かると、気分が萎えてしまうこともあるからです。

ローションを塗るときの要領で、さっと指に出して塗ってしまうのがおすすめです。媚薬を塗った後は、刺激の強さに注意する必要があります。いつも以上に敏感になっていますので、いつもどおりに触れても痛がることがあるからです。まずは優しく愛撫してあげて様子を見ましょう。

クリトリスを徹底解剖

クリ攻めで女性をイカせるためには、クリトリス(陰核)の構造を詳しく知っておくとさらに効果的です。そのために、冒頭でもご紹介しましたように、陰核はペニスと非常によく似た器官です。その一方で、大きく違っている点もあります。

・平常時は包皮をかぶっている
・興奮すると勃起して皮がむける
・小陰唇の上に陰核亀頭がある
・男性の性器より大幅に高感度
・人によって大きさが異なる

以上の点が、クリトリスに関して特に重要なポイントです。特に、包茎ペニスのように皮をかぶっている点や、性的興奮が高まると勃起する点は、男性の性器との共通点が非常に高いところです。それと同時に、クリ攻めをするときに意識すべき点でもあります。

成り立ち

受精したばかりの人間には、男女の差はありません。性器となる部位も全く同じで、元々はすべて女性型だったのです。その後、性ホルモンを浴びることによって男性はペニスと睾丸に発達して、女性はクリトリスや陰唇(いんしん)となります。

男性のペニスや睾丸のサイズは、男性ホルモンの濃度に大きく左右されると考えられています。言い換えれば、女性でも男性ホルモンの濃度が高い人は、クリトリスのサイズが大きい傾向にあるようです。実際に、クリトリスを肥大させる方法として、男性ホルモンの使用が挙げられています。(1)

このように、女性の陰核と男性の陰茎は類似する点が多いのです。言い換えれば、ペニスの扱い方とクリトリスの攻め方には共通点もあるということになります。陰核の方がより感度が高く敏感ですが、自分が亀頭をどう攻められたら感じやすいのかを考えると、分かりやすいかもしれません。

構造

一般的にクリトリスというと、膣口の上側にある豆のような突起を思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、実際には大部分がペニスと同じく海綿体で構成されており、その中央に陰核亀頭があります。さらに、陰核亀頭の位置も注目点です。

陰核亀頭は小陰唇(しょういんしん)の上側にあります。小陰唇は、膣口の左右にあるひだで、女性器のビラビラとして有名です。この小陰唇から内部へ続く海綿体組織も、クリトリスの一部だと見なされることもあるため、女性の陰核は意外と大きな組織なのかもしれません。

陰核亀頭で重要なポイントは、平常時は仮性包茎のように包皮をかぶっているという点です。性的興奮が高まると陰核が膨張して、自然と包皮が剥けます。しかし、陰核亀頭が露出しない真性包茎の場合もあるため、皮を剥けない場合は扱い方に注意が必要です。

無理にクリトリスの皮を剥こうとすると、激しい痛みを感じてしまいます。こういった点でもペニスに似ており、親しみを感じやすいのではないでしょうか。女の子の身体に合わせたクリ攻めをしてあげるのが、テクニシャンな男になるためのコツです。そのために、少しずつ経験を積んでいきましょう。

クリトリスの攻め方まとめ

女性をクリトリスでイカせる方法や、いろいろなクリ攻めのテクニックについて、詳しくご紹介しました。クリトリスは多くの女性が最も感じやすい性感帯ですので、ここを上手く攻められるようになると彼女の満足度が大幅に高まります。

クリ攻めを行う前は、事前にキスや愛撫で女性の精神的な興奮を高めておくことが大切です。そうすることで性器まわりの血行が良くなり、陰核亀頭が勃起して感度が高まります。包皮の上から優しく触れて、正しい手順で包皮をむき、指や舌を使って十分に刺激し続けましょう。

クリトリスは非常にデリケートですので、指を大きく動かしたり強くこすったりする必要はありません。一定のリズムで刺激を続けて、女性が高い声で喘いだり身体が痙攣したりすれば、オーガズムに達したということなので大成功です。

しかし、初めてのチャレンジで上手くいくものではなく、何度も経験を積んでテクニックを高めることが大切です。指や舌を始めとして、電マやローター、ローションや媚薬なども上手に使いながら、女性をクリトリスでイカせてあげましょう。