オナホール初心者も迷わない!初めてのオナホ使い方ガイド!!

オナホはセックスの快感をひとりで味わえるセックストイです。手でシゴくオナニーは確かに気持ちいいですが、刺激が単調で少し飽きてしまうことってないでしょうか。そんなオナニーを劇的に変えるポテンシャルを秘めているのが、今回ご紹介するオナホール。すべての男性は、オナホを使ってオナニーすべきです。なぜかというと、自分に合うオナホさえ探し出すことができれば、セックスを上回る快感を得ることができるからです。

しかし、初心者の方はどうやってオナホを使えば良いのか、なかなか分かりにくいことがあるでしょう。実は購入したばかりのオナホは、そのまますぐに使ってしまうべきではありません。まずは綺麗に洗浄してから、中にローションをたっぷり流し込んでからペニスを挿入しましょう。使用後はオナホを綺麗に洗浄して乾燥することが、安全に使い続けるコツですよ。今回は、初心者の方が最初に意識すべきオナホールの使い方について、分かりやすく解説します。

オナホールを使ってオナニーするのはナゼ?

オナホールはセックストイということもあり、一般的にあまり良い印象を持たれていないかもしれません。しかし、オナニーはそもそも健康的な行為。そんなオナニーを飛躍的にパワーアップしてくれるオナホも、いたって健全なアイテムなのです。上手く使えばセックスより気持ちよくなれることもありますよ。オナホールを使ってオナニーをすべきなのは、次の3つの大きなメリットがあるからです。

・オナニーがいつもの何倍も気持ちよくなる
・自分に合うオナホが見つかれば快感がセックス以上に
・オナホールごとに違う刺激を楽しめる

オナホールを使えば、それだけでオナニーがいつもの何倍も気持ちよくなります。理由は単純で、オナホでの快感はヴァギナに挿入するものに近いからです。そのため、自分に合うオナホを見つけることができれば、オナニーの快感はセックス並み、いやそれ以上になることもあります。オナホールの種類によって違った快感を楽しむことができるので、飽きることもありません。まずはこれらのメリットを掘り下げていきましょう。

いつものオナニーが何倍も気持ちよくなる

あなたはなぜオナニーをするのでしょうか。それは気持ちいいから、快感を味わいたいからでしょう。オナホがそれを倍増させてくれるといったら、興味が湧かないことはないはずです。オナニーは快感がすべて、気持ちよさこそオナニーの本質。誰もが最高のオナニーを楽しみたいものです。世界中の男性がオナホールを愛用しているのは、オナホにそれだけの魅力があるから。一度試すと病みつきになって、離れられなくなってしまいますよ。

オナホールの構造や感触は、女の子のヴァギナに近いものになっています。つまり、オナホに挿入するということは、膣に挿入するような感覚を味わえるということ。それの何が凄いのかというと、快感だけではなく楽しみも倍増してくれるということです。手コキオナニーはどうしても刺激が単調になるので、飽きてしまうことがあります。飽きるほどではなくてもなんだか物足りなくなったり、惰性でオナニーをするようになることがあるでしょう。

つまり、単調なオナニーを続けているとオナニーへの熱意や情熱のようなものが衰えて、存分に楽しむことができなくなってしまうのです。オナホールならそんな倦怠感を一瞬で打破してくれます。女性のヴァギナに挿入する感覚が物足りなく感じたり、飽きてしまったりするという男性はまれです。オナホでも同様で、手コキオナニーではあり得ない快感を得ることができます。オナニーに新たな風を吹き込んでくれるオナホールは、すべての男性にとって魅力的ですよね。

自分に合うオナホールの快感はセックス以上

オナホールの快感は、セックスを上回ることさえあります。前述したように、オナホに挿入する感覚はリアルなヴァギナに近く、その快感は手コキを遥かに陵駕するほどです。SEXは本物の女の子を抱いているという精神的な興奮があるため、セックスとオナホとの快感を単純に比較することはできません。ただ、肉体的な快感に関しては、自分に合うオナホが見つかればセックスを上回ることがあります。

なぜオナホールでそれほどの快感を得られるのでしょうか。理由は意外と単純で、自分の思い通りにペニスを刺激することができるからです。セックスはパートナーと一緒にするので、相手を気持ちよくするためにいろいろなことをしたり、気を遣ったりする必要があります。人によってはそれが大きな負担となって、自分の快感に集中することができないこともあるでしょう。つまり、セックスでは快感に身を委ねることが難しいのです。

一方でオナニーは完全なソロプレイなので、自分さえ気持ちよければすべてが良くなります。刺激の強さや動かし方、揺らぎやリズムまですべてを思いどおりにコントロールできるため、快感をむさぼることができますよね。オナホはそんなオナニーならではの特性をさらに高めて、最高の快感を得られるようにサポートしてくれるのです。上手く使いこなせれば、セックス以上に気持ちよくなることができ、もう後戻りできなくなってしまうかもしれませんよ。

オナホール毎に違う刺激を楽しめる

ひとくちにオナホールといっても、その種類には様々なものがあります。つまり、オナホを変更したり複数のものを使い分けたりすることで、違った刺激を楽しむことができるということ。オナニーのときに見るポルノを変えれば気分が変わるように、オナホを変えれば全く違った世界が見えてきますよ。種類を変えるだけで色彩豊かなオナニーを楽しめるようになるのは、オナホならではの魅力だといえるでしょう。

通常の手コキオナニーでは、刺激のバリエーションにはどうしても限界があります。手の握り方や強さ、動かし方や速度などを変えたとしても、やはり手コキの感覚自体を変化させることはできません。オナホールならセックスのような快感を味わえるだけでなく、刺激を様々に変化させることのできるのです。オナホには大きく分けて次の5つのタイプがあり、好みや気分に応じて選ぶことができます。

・バンドタイプ
・手コキ系
・フェラチオ系
・据え置き型
・電動タイプ

最も基本的な手で動かすハンドタイプにも、「貫通型」と「非貫通型」があり挿入感や動かし方などが大きく異なります。手コキ系は柔らかで刺激的な手コキを、フェラチオ系ではねっとりとした濃厚なフェラの快感を味わうことが可能に。据え置き型ではまるで本物のセックスのような、腰を振る刺激と快感を楽しめます。電動タイプは振動や回転などの機能で、女の子とのエッチ以上に気持ちよくなれるかもしれませんよ。こんなにたくさんのバリエーションから、自分に合うオナホを選ぶことができるのです。

初めてのオナホールの使い方手順

念願のオナホを手に入れたら、すぐにでも突っ込みたくなるかもしれませんね。ただ、届いたばかりのオナホをそのまま使用することは、安全面からあまりおすすめできません。はやる気持ちを抑えて、冷静に準備を整えることが肝心です。初心者の方がオナホ初夜を体験するときは、次の4つの手順を踏んで楽しむことをおすすめします。

・オナホールを洗浄する
・ローションを流し込み馴染ませる
・オナホールの空気を抜いて挿入する
・普段のオナニーと同じように楽しむ

届いたばかりのオナホは意外と汚れているものなので、すぐに挿入してしまうのは安全ではありません。まずは綺麗に洗浄してから、ローションを流し込んで潤滑性を高めましょう。意外と忘れがちなのがオナホ内部の空気を抜くことで、こうすることによってペニスに吸いつくような刺激を味わえますよ。それからは、通常のオナニー同様に楽しみましょう。

1.オナホールを洗浄する

オナホールが届いたら、まずは全体を検品しておくことをおすすめします。破損やキズなどがあることはまれですが、オナホ内部のバリには注意が必要です。バリとは製造上の都合で飛び出てしまった部分のことで、比較的安価なオナホではたまにあります。外部なら問題はありませんが、中にあるとペニスを痛めてしまうので要注意。指を奥まで挿入して引っ掛かる部分がないか確認して、もしあれば使用せずに販売店に交換や返品を求めましょう。

オナホ内部に問題がなくても、挿入前に必ずオナホを洗浄するようにしましょう。特に内部はペニスが直接触れる部分なので、きちんと洗っておくことをおすすめします。新品なのだからそんな必要はないような気がするかもしれませんが、製造時の汚れやゴミなどは意外とたくさんついているものです。さらに、オナホによっては軟質樹脂の油分が出ていたり、劣化防止のパウダーなどが塗布されていたりすることもあります。そのため、使用前に内部を洗浄しておくことは大切です。

洗い方は単純で、35度~38度くらいのぬるま湯でオナホを軽く洗い流して、それからハンドソープで表面と内部を洗浄します。内部に指を奥まで挿入して汚れやゴミなどを綺麗に落としましょう。最後にぬるま湯で外部と内部を完全に洗い流して、ハンドソープが残ってしまわないようにしてください。それから、タオルやキッチンペーパーなどで水分をあらかた拭き取れば、オナホの使用準備が整います。この後すぐに使うので、綺麗に乾燥させる必要はありません。

2.ローションを流し込み馴染ませる

オナホの軟質樹脂は強い摩擦が生じるので、そのままの状態だと挿入することはできません。そのため、挿入前は必ず十分な量のローションを流し込む必要があります。ローションは適当に入れてもある程度は気持ちよくなれますが、ローションの量や入れ方に意識を向けてみるとさらに気持ちよくなれますよ。ローションの量については、多すぎず少なすぎず、適量が望ましいです。

ローションが少なすぎると、前述したように摩擦が出てくるので痛みを感じます。逆に多すぎると亀頭部分がローションに包まれて感度が低下し、オナホ内部の刺激的な構造を感じられなくなってしまうことも。ピストン運動中に余ったローションがはみ出てくるのも、後始末が大変になるので面倒ですよね。目分量で適量を測るのは困難ですが、簡単に判断と調整ができるようになる方法があります。

まずはオナホに適当な量のローションを、奥まで流し込んでいきます。それからオナホを握ってみましょう。そのときに、挿入口から少しだけローションが見えるくらいが適量です。垂れてくる場合は明らかに多すぎるので、漏れ出た部分を拭き取ります。割れ目からローションが見えない場合は、少し追加してからもう一度握ってみましょう。このようにすると、オナホ内部にローションが馴染むので一石二鳥の方法ですよ。

3.オナホールの空気を抜いて挿入する

オナホールを使用するときの大切なポイントが、空気を抜いておくことです。空気を抜くことでオナホ内部が真空状態になり、まるでオナホが亀頭に吸い付くようなバキューム感を得ることができます。さらに、内部のヒダや突起がペニスに絡みつくようになるので、最高の快感を得ることができるのです。ただし、このテクニックを使えるのは非貫通式で、貫通式では残念ながらバキュームはできません。

バキュームの方法には大きく分けて2通りのやり方があります。挿入前に空気を抜いておいてから挿入する方法と、まず挿入してから空気を抜く方法です。1つ目の挿入前に抜く方法では、あらかじめオナホの奥の方を握って、空気を抜いた状態にしてからペニスを挿入します。こうすることで、内部に空気がないのでオナホが亀頭に密着して、通常よりも格段に気持ちよくなることができますよ。

2つ目の方法では、ペニスを真ん中ぐらいまで挿入した状態で、ホールの先端部分をぎゅっと握ります。こうすることで、奥の空気が挿入口から出て行くので、内部が真空状態になってペニスに吸い付いてくれるのです。後はオナホをピストン運動させるたびに吸い付くようになるので、最大限の快感をむさぼることができますよ。これらのバキュームテクニックは、オナホで気持ちよくなるために意外と重要なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

4.普段のオナニーと同じように楽しむ

オナホール内部にローションを浸透させて空気を抜いたら、後は挿入とピストンの快感を楽しむだけです。オナホとはいえ基本的な部分は手コキオナニーと同じで、手を使ってピストン運動を再現します。このオナホの動かし方というのが重要で、工夫をこらすと刺激に大きな変化をもたせることが可能です。オナホの握り方を変えることで、締まりの強さも変わります。もちろん、手を動かす速度を変えると、普通のオナニーと同様にリズムを付けることができますよ。

つまり、オナホールでのオナニーは、快感自体はヴァギナへの挿入に近いものの、刺激の仕方や変化のさせ方は手コキオナニーに近いのです。いつものオナニーと同じように楽しむことができますよ。ただし、しばらく挿入し続けているとローションの種類によって乾くことがあります。オナホの動作が少し重くなったり、ペニスがこすれたりするような感じが出てきたら、ローション不足になっているので継ぎ足しましょう。定期的にローションをペニスに塗り直すか、オナホ内部に注入することをおすすめします。

オナホールを今以上に気持ちよくするテクニックには、さまざまなものがあります。例えば、オナホやローション特有のひんやりした感触が気になる場合は、挿入前に温めておくのが効果的です。オナホを回転させて体位の向きを変えるように刺激を変えたり、テーブルやクッションなどに固定して腰を振ったりするのは常套手段。その他にも、ローションを使い分けたり利き手と反対側の手を使ったりすることも、とても効果的ですよ。

初心者におすすめなオナホールはFLESH LIGHT!!

初めてオナホールを使うなら、世界で最も有名な「Fleshlight(フレッシュライト)」がおすすめです。Fleshlightはアメリカ合衆国で1992年より販売されているオナホで、瞬く間に世界中のオナニストたちを席巻しました。海外でオナホ(Artificial Vagina)というと、このFleshlightをイメージする人がほとんどです。Pornhubなど海外のポルノサイトでは、このFleshlightを使用した作品もたくさんあるほど。オナホを製造販売しているメーカーはたくさんありますが、その中でもFleshlightは次の6つの点から、特別なオナホとして有名です。

・貫通型と非貫通型のハイブリッドタイプ
・様々なタイプが用意されていて飽きない
・圧倒的なサイズ感で巨根の人でも安心
・特殊なシリコン素材の採用で品質も耐久性も高い
・ケースの締め具合でバキュームのレベルを調整可能
・軟質樹脂だけでも使えるので標準サイズの人にもおすすめ

Fleshlightの素晴らしいところは、その独特の構造にあります。通常のオナホとは違って、軟質樹脂をプラスチックでカバーするようになっていることは、Fleshlightならではの特徴だと言えるでしょう。何が凄いのかというと、軟質樹脂自体は「貫通型」であるのに関わらず、プラスチックカバーをかぶせると「非貫通型」になるという点です。つまり、Fleshlightはメンテナンス製に優れた貫通型と、快感に深みがある非貫通型のハイブリッドタイプということ。

ラインアップもとても豊富で、早漏改善に役立つ「STU(Stamina Training Unit)」シリーズや、外装のプラスチックがジュースの缶のようになっているタイプなど、ユニークなものが揃っています。もちろん、締まり具合もオナホによってさまざま。いずれのタイプも基本的に貫通型と非貫通型のハイブリッドタイプで、挿入口はリアルなヴァギナのようにエッチなものになっていることが特徴です。挿入感も格別で、相性が良ければセックスよりも強い快感を味わえますよ。軟質樹脂の質の高さにも定評があり、ローションを馴染ませるとトロトロでありながら、フワフワとした感触でクセになります。

また、日本国内製ではまず体感できないサイズ感も、フレッシュライトの魅力です。ベニスが大きめの人は、日本製のオナホでは満足できないことがあります。基本的にペニスの太さが4cmを超える人はキツすぎて痛く、長さが15cm以上ある人は奥まで挿入できないことが多いのです。アメリカ市場向けの「U.S.TENGA」であっても実際にはそれほど大きくないので、ビッグなペニスをお持ちの人は最初からアメリカ製のFleshlightを選んでおく方が良いでしょう。また、先ほども解説したようにキツめのオナホを選ぶと、もし合わなかった場合に対処が困難なので、平均的なペニスのサイズの人にもFleshlightはおすすめです。

その品質と快感の素晴らしさ、耐久性などから考えるとむしろお得な方だと言えるでしょう。再使用可能タイプでしかも軟質樹脂は貫通型なので、メンテナンスがしやすく長期間使い続けることができます。そのため、初期投資は必要ではあるもの、初心者の方には特におすすめのオナホなのです。

もし気持ちよくなかった場合は?

残念ながら、せっかく手に入れたオナホが合わないことがあります。好みの刺激やペニスのサイズは人それぞれなので、他人に合うものが自分に合わないということもあるのです。先ほどご紹介したように、オナホの刺激の雰囲気や強さは、タイプによって幅広いものがあります。そのため、現在のオナホを基準にして、どこに不満があるのかを考えると、他のオナホを適切に選びやすくなるでしょう。

ただ、今のオナホが合わないからといってすぐに買い換えるのではなく、まずは改善を試してみることをおすすめします。例えば、オナホが緩すぎる場合は手で強めに握るようにしたり、オナホにコックリングを2~3本ほど等間隔に巻き付けたりしてみましょう。こうすることで、まるでハードタイプのオナホに買い換えたときのように、キツくなりますよ。ただ、オナホがキツいことが問題の場合、改善はなかなか難しいです。そのため、先ほど解説したようにオナホは基本的に、少しだけ緩めを選ぶ方が良いかもしれませんね。サイズではなくオナホの刺激に問題がある場合は、タイプを変えてみる方が良いでしょう。

ペニスに吸いつくような快感が必要なら「非貫通式」を、上から下まで幅広いストロークでピストンしたいなら「貫通式」を選びましょう。手コキやフェラチオの快感が好きなら「手コキ系」や「フェラチオ系」がおすすめ。もっとリアルな挿入感を満喫したい場合は、内部構造が複雑でリアルなものを選ぶと効果的です。さらに、据え置き型のオナホにすれば、セックスの疑似体験ができるほどの没入感を味わえますよ。

オナホールを初めて使う上での注意事項

オナホールを初めて使うときは、いろいろと分からないことがあるかもしれません。基本的には、先ほどご紹介した4つの手順どおりに進めれば問題ありませんが、特に注意しておくべき点があります。それは、主に安全性を高めるためのものです。オナホールを初体験するときは、次の5つのポイントに特に注意するようにしましょう。

・必ずローションを用意する
・使用の前後でキレイに洗浄する
・使用中の来客に注意する

オナホの使用にローションは欠かせません。ローションが付属している場合もありますが、できるだけ自前で用意しておくのをおすすめします。使用前後は必ずオナホを洗浄するようにすることも大切です。また、オナホの使用している光景を他人に目撃されないように、プライベートの確保も注意したいところ。以上3つの注意点について詳しく見ていきましょう。

必ずローションを用意する

オナホールを使用するときは、必ずローションを用意するようにしましょう。ローションを付けずにペニスを挿入すると、痛みでオナニーどころではなくなってしまうことに。オナホにはTPE(熱可塑性エストラマー)などの軟質樹脂が使用されていますが、こういった材質は強い摩擦が生じてしまいます。そのため、ローションなしでオナホにペニスを挿入すると、まるで亀頭を乾いた指でこするような痛みが出るのです。

オナホによってはローションが付属しているものもありますが、無いことの方が多いようです。また、付属のローションはあまり品質が良くないので、基本的には自前で用意しておくことをおすすめします。ローションには成分によっていくつかの種類があり、主に「ポリアクリル酸ナトリウム系」「グリセリン系」「シリコン系」の3タイプ。それぞれ潤滑性や持続時間などに大きな違いがあります。

ポリアクリル酸ナトリウム系は粘度の高さが最大の特徴で、ねっとりとした挿入感を味わいたいときにぴったり。愛液でびちゃびちゃに濡れたおまんこに挿入するような、エッチな興奮を味わうことができますよ。グリセリン系はさらっとした挿入感を、シリコン系は圧倒的な潤滑性と持続時間が特徴です。

使用の前後でキレイに洗浄する

オナホールで最も注意すべきことは衛生面です。オナホにはペニスを生で突っ込んで精液もそのまま出すので、オナホ内部は細菌にとっては栄養分の宝庫となります。そのため、使用後のオナホをそのまま放置するなど不潔な状態にしておくと、オナホ内部で大量の雑菌が繁殖してしまうのです。そんなオナホにペニスを挿入すると、たくさんの細菌がペニスに付着してしまいます。その結果、ペニスが感染症になってしまうことも。

ペニスは性病のウイルス以外にも、身近によくあるバクテリア(細菌)によって感染症になることがあります。細菌が尿道や膀胱などに侵入して、尿道炎や膀胱炎などになってしまったら大変です。そこで、厄介な感染症のリスクを下げるために、オナホの使用前後は欠かさず行うようにしましょう。また、綺麗に洗ったとしても乾燥が不十分だとカビが生えるので、洗浄と乾燥はセットで行うことが大切です。オナホの洗浄は、ぬるま湯とハンドソープを使って丁寧に行い、その後はしっかり乾燥させましょう。

綺麗に洗浄と乾燥を行ったとしても、使用前になるとホコリなどでまた汚れていることがあります。使用前にも内部をぬるま湯で軽く洗うようにすると安心です。ハンドソープなどをつけて綺麗に洗う必要はなく、洗い流す程度で構いません。こうしておくことで、ある程度は内部も温かくなるので快感の面でもおすすめです。

使用中の来客に注意する

オナホールを使うときは他人に目撃されないように、プライベートをしっかり確保しておくことが大切です。特に家族や同居人などと一緒に住んでいる場合は、突然人が入り込まないように注意する必要があります。オナニーをすることやオナホールを使うこと自体は、決して恥じるべきことではありません。しかし、そんなところを人に見られるのは恥ずかしいですし、性に関するところを他人に見せないようにするというのは、守るべき礼節でもありますよね。

普通のオナニーであれば、もし人が入ってきたとしてもすぐにズボンをはいたり、布団をかぶって寝ているフリをしたりするなどで、簡単にごまかすことができますよね。ただし、オナホールはペニスを中に挿入していますし、ローションでベタベタになっているので隠すのは困難です。そのため、そもそも人が入り込んでくることなどがないように、最初から対策を練っておく必要があります。

部屋に鍵がついている場合は、オナニー前に必ず鍵をかけておくようにしましょう。鍵がない場合は、同居人に「勉強や仕事などで集中したいから入らないように」などと注意すると、安全性を高めることができます。また、外出先などでオナホールを使用した場合は、たとえ見せびらかす意図がなくても他人に見つかれば、「公然わいせつ罪」になる可能性があるので絶対にやめましょう。

さらに、オナホを使うなら保管場所にも注意が必要です。特に恋人がいる場合や既婚者の場合は、オナホが見つかってしまうと何だか気まずい雰囲気になってしまいますよね。そこで、普段オナホを隠しておく場所も考えておくことが大切です。机の引き出しやタンスの中、押し入れやベッドの下など、見つかりにくい場所を探しておきましょう。このポイントさえ意識すれば、オナホを安全に楽しむことができますよ。

まとめ

今回は、初心者の方が最初に意識すべきオナホールの使い方について、重要なポイントを解説しました。普段のオナニーを至高のひとときに変えてくれるのが、オナホールというセックストイです。オナホを使うと、通常の手コキオナニーの何倍も気持ちよくなることができ、自分に合うオナホが見つかればセックス以上の快感を味わうこともできます。また、オナホのタイプごとに違った刺激を楽しめるのも魅力です。

オナホールを初めて体験する人が意識すべき使い方があります。開封したばかりのオナホをそのまま使うのではなく、まずは内部をハンドソープで洗浄して汚れや余分な油などを落としましょう。それから、ローションを適量流し込んでオナホを握り、割れ目から垂れてくる場合は拭き取り、挿入口からローションが見えない場合は継ぎ足しましょう。オナホをにぎにぎすることで、全体にローションを浸透させることもできます。

挿入するときはオナホのバキュームを意識して、挿入前もしくは挿入後にオナホを握って、空気を出してバキューム状態を作り出してみましょう。それからは負担のオナニーと同じように快感に身を委ねて、オーガズムまで突き進むのみ。オナホールを使うときは必ずローションを使い、使用前後に洗浄することが大切です。他人に見られないようにプライベートの確保も欠かせません。オナホールの使い方をマスターして、至高のオナニーを味わってみてくださいね。しかし、オナニーをすることの悪影響を心配している方も多いでしょう。